「告白」| Muhammad Didit Prasodjo

君...

ねえ、君...

君が僕の声が聞こえる願って

全て僕の自分の声

君を知っているので、

君に会うので、

僕は君を気に始める...

なぜ知らない

僕は君を見たとき

僕の心はときめか

君に真実を伝えたい

僕はまだ怖いですが

唯一の言葉...

難しい表現する

それは何ですか?

「愛」ですよ...

ねえ、君...

僕は君を本当に好きですよ...

君がいい人だね...

そして、君もかわいいよ...

自分の人生を入力するためのありがとう...

本当にありがとう...

君がここにいる願って...

自分の告白を聞いて...

実は、ずっと気になっていました。。。

君も私を愛していますか?

他の誰よりも君の事を愛している。。。

本当に。 。。